カテゴリー

ドラえもんと僕のぽこちん2021

ぼく「…僕がドラえもんだったらのび太くんとの縁は確実にきると思う。あんなめんどくさい人間。」

友達「…そんな事言うなよ。てか、お前は確実にのび太側の人間だろ。きられるのはお前の方だよ。」

ぼく「じゃあ、僕がのび太ならお前は僕との縁はきるか?」

友達「なにいってんだよ。きるわけねぇじゃん。おれ、ドラえもんにはなれねぇもん。」


そういって彼は僕のぽこちんに一発デコピンを入れた。


そんな他愛もない話をしていた頃から10年が経過した。

……


ぼくは今年で22歳の社会人だ。

あのときの彼が今何をしているのかは知らない。

なんでぼくのぽこちんにデコピンをいれたのかも知らないまま。

この季節になるとあの時の彼の言葉が頭の中に反芻されると共に、ぽこちんが痛む…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です