カテゴリー

かみはた式マインドマップ活用日記

みなさんこんにちは。かみはたと申します。

いきなり余談なんですが、絶賛継続中の「お昼1時間散歩」なんですが、何の気なしに、住宅街の道を歩いていたところ…

LivLA・・・

ビックリしてすぐさま写真を取っちゃいましたよ。どういうシチュレーション?

…僕の考察によると、福岡市に住む英語を勉強している無職「タカシ(32)」が海外から日本へ留学中の「LivLA(24)」という女性に出会います。
なんか色々あって付き合った2人ですが、数年後LivLAはなんやかんやあって海外に帰国することに。
突然の別れに行き場を失ったタカシが暴走。
街の標識に「LivLA…」と悲壮感が漂うメッセージを残し、その後タカシは……
…これ以上詮索することは止めておきましょう。
これはタカシが自ら選んだ結末です。
詮索するほうが野暮ってもんでしょう。

と、こんなことを考えながら電柱の写真を撮っていると前方から杖を付いて歩くおばあちゃん×3にめちゃくちゃ不審者を見るような目で睨みつけられました。

それはそうです。
おばあちゃん×3には電柱の文字など見えるはずもなく、みえているのは真っ白な電柱を激写する「奇人」そのもの。
とりあえず、妄想の中のタカシには膝カックンをして体制を崩しておきました。


後、普通に気になったので家に帰ってから「LivLA 落書き」でネット検索してみたところ…

めちゃくちゃ出てきました。
さすがインターネットの大海原。きになることはなんでも取り扱っています。

調べてみると関東圏を中心に「LivLA…」は複数存在しているとのこと。
これだと、僕の考察(妄想)していたタカシ説は証明されませんね。

意外と有名な落書きワードっぽいです。
読みは「ライブラ」だったり、英語では「燃料」の意だったりと、この「LivLA…」から様々な考察が繰り広げられていました。

f:id:tobari3209:20180331004033j:image

↑引用元:http://tobari3209.hatenablog.com/

このことについて僕が思うことは、普通に落書きなのでやめたほうがいいなと思いました。

~~~

さて、なんでこんな話をしたかはまったくわかりませんが、今回はタイトルの通り、自身の「マインドマップ」を行う過程を書いていこうと思います!

まず、マインドマップについて説明しておきます。僕もよく理解していないのでここはwikiさんのお知恵を拝借したいと思います。

マインドマップ
頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。

引用元:wikipedia

なるほど。理解しました。

つまりマイセルフのマインドをレコードしつつマイニングすることにより、ハイレベルなマネジメントかつ極上のフィードバックをレシーブできるということですね。チェックメイトです。

早速僕は無料のマインドセットツールをMacPCにダウンロード。
ダウンロードには15分程かかったので隙間時間を活用し、「アイドルマスターシャイニーカラーズ
」をプレイしました。

〜〜〜

さて、WING優勝は叶いませんでしたがダウンロードは無事完了しました。

ちなみにダウンロードしたマインドアップツールは、「XMind」。
無料でマインドアップができるという優れものです。(有料版あり)

いろんなデザインのマップが用意されていました。
とりあえず最初は何も考えずにデザインを選択。早速マインドマップを行っていきます。

とりあえず、最初は使用感を確かめつつ、練習がてらに…

「う◯こ」のマインドをマップにアップしてみました。

みなさん。ここが分岐点です。
引き返すなら今しかありません。

僕はどんどん進みますよ。
〜〜〜

まぁ、とりあえずやって行きましょう
まずはこんな感じで深堀りしたい項目をセット⬇︎

いい感じですね。
こういった感じでその日その日のうんこマインドをツリー状に並べていきます。

で、結果がこれです。

驚きました。
まさかの二つ目の枝分かれでう◯この今後のキャリアを導き立つことに成功。
これには僕も脱帽ならぬ、「脱糞」せざるを得ません。
う◯こというもはや肥料ぐらいにしかならないであろう排泄物のキャリアを決定してしまうほどのツール「マインドマップ」…

書いてる内容は最底辺の内容なんですが、マインドセットを経由して行ってるからか、なにか崇高な雰囲気が感じられ、使い手の意識の高さが伝わってきました。

多分重要なプレゼンとかでこの資料を使ったとしたら、上層部の方々は内容の出来に感服。
直ちに自身の排泄物のマインドをマッピングすることでしょう。多分。

まぁ、
なんでうんこのマインドアップをしたの?」ときかれたら、笑って人里離れた山奥に逃げ込むしかありませんが、うんこですらこんなに「できるヤツ」感をだせるとは思いませんでした。
ここでぼくこと「かみはた」のマインドマップを行ってしまった場合、とんでもなく刺激的な毎日が待ってる予感さえしてきました。自分と排泄物とを比較するのは普通にイヤですが。

さぁ、これ以上字面が汚くなる前にさっさとマインドセットを行っていきたいと思います。
善はハリー・アップ(急げ)です。

※ブラックサンダーを食べた後の排泄物は自身の目で確かめて下さい。びっくりしますよ。

かみはた式マインドマップ。

こっからは真面目です。
ボクことかみはたのマインドをマップにアップしていきたいと思います。
ちなみにツール自体の使い方は何も見てないので全くわかりません。
他人の敷いたレールと鉄道の上は歩かない主義なので心の赴くままに完全に自己流の手順でやっていきたいと思います。

①まずは自分の今後の目標を書きなぐる。

書きなぐりましょう。
ボクはGoogleさんのスプレッドシートに書きなぐりました。

五分ほどで書けました。
なんか抽象的な感じで不安になりますが、これらをマップに落とし込み、深掘りしていきたいと思います。

これをさらに深堀りすると……

むっず。

完全に甘く見てました。
ただ単に深掘りしていけばいいてもんじゃないんですね。
もっと具体的に書きたいと思っていたんですが、その時思ってることを書きなぐってしまって完全に飽和してしまいました。
最終的には「その目標に対してどう行動していくか」を導きたいんですが、終わりが見えず中途半端になってしまいました。

↑「1本/週のブログ投稿」の例

これでは納得いきません。
今回の反省を生かし、次は1つの目標「プログ更新」に絞ってマップを構築してみました。

少し短くなりましたが、これで結構頭がスッキリしたのを覚えています。勘弁してください。

今までは突発的に「書きたい!!」となったらプログを書いていた状態だったので、マインドセットをしているうちに、「これ週1ペースでブログ更新できるな」って数値的に物事を判断できるようになりました。
後これ、紙に書いた方が思いつきやすかった。なんかPC上だと変にデザインに凝って集中できなかったです。

企画的には完全に失敗していますが、これが「かみはた式」ということにしておきましょう。

というか、自分のマインドなんて人に見せるもんじゃないと思います恥ずかしいし。うん。そうですよ。

マインドマップの所感


普段から妄想ばっかりやってて自分の思考をアウトプットすることがなかったので「マインドマップ」はめちゃくちゃ有意義なツールだと素直に感激しました。

後、頭の中から自分の考えを書き出すっていう行為の難しさを再確認し、これ普段からやっといた方がいいなと思いました。(マインドマップにかかわらず。)

自分には中々敷居が高いものでありましたが、他にもこんな感じのツールがあったら使ってみようかなと思います。

このブログを書いてたらいつの間にか翌日になってたので、この後「アイドルマスターシャイニーカラーズ」のログインボーナスを受け取りにいってきます。

それでは!!

⬇︎こちらもおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です