カテゴリー

金がないなら餃子を喰らえ日記

皆さんこんにちは。
かみはたと申します。

突然ですが、皆さん「お金」って持ってますか?

ないですよね。
少なくともこんなブログを読んでいる人にリッチマンがいるとは思いません。
いたら普通に悔しいので全額募金してください。

まぁ、大多数の、同じ金銭感覚の僕たちは運命共同体、言わばファミリーです。

今日はそんなファミリーたちにオススメのご飯を紹介していきたいと思います。

(本当にお金持ちの方が見てたら少しでもいいです、お金ください。)

それでは紹介していきたいと思います。

〜〜〜〜

では早速、

今回紹介するボクのオススメご飯は……

『【復刻版】餃(ジャオ)』です。

1袋120円と安価かつ調理方法もフライパンにブチ込むだけと非常に懐カツカツ一人暮らし人類にとって至高の食材です。

この餃(ジャオ)、元は博多のラーメン店がメニューとして提供していた品物とのこと。

それならこの低価格、高品質にも頷けます。

あと、【復刻版】と書いてありますが、復刻前を調べてみても情報はありませんでした。

多分上手くはなってると思うのでそこらへんは深掘りしないでおきましょう。

人間知らない方がいいこともあると思ると思います。
(気になって眠れない!なんて方は製造元企業:八洋食品株式会社に聞いてみて下さい。)

では早速調理していきましょう。

一応概要にも目を通しておいて下さい。

画像が暗いのはご愛嬌です。

〜〜〜〜

熱したフライパンに少量の油を加え、
ジャオ」を全投入。

キッチン周りが汚いのは独身男性のデフォルトです。我慢しましょう。

そしてこの時はボ〜っとしてて忘れてたんですが、

水を50cc注入してませんでした。不覚ですね。

中火で加熱してた3分後に遅れて水を投入。

この後は蓋をして「ジャオ」が出来上がるのを待つだけです。

もちろん一人暮らしの男性宅にフライパンの蓋なんてないのでアルミホイルでカバーします。

これも生活の知恵なので、一人暮らしを志している実家勢の皆さん、ご参考ください。

さて、そろそろいい匂いがしてきたので蓋(アルミホイル)を開封していきます。

…oh……

最高ですね。

焼き加減にムラがありますが、様々な食感を楽しめるという点では加点になると思われます。ポジティブにいきましょう。

音も最高…風情◉

工程はこんな感じですね。
コスパ最高。

〜〜〜〜

さて、完成した餃(ジャオ)のお隣にお米を盛り付けていきましょう。

ここで香ばしいジャオに気持ちが高揚し、いつもより多めに米をよそってしまうのは人間として正常な判断なのでご安心ください。
仕方がありません。

さて早速実食です。

ジャオに挑むには「飲料水」では少し役不足です。ここはアルコールを用意しておくが吉です。

…なんてのは嘘です。
昼からお酒を嗜むほどボクは優雅な性分を持ち合わせてはおりません。もちろん…

「空」なんですわ。



動画にも収めてみました。
SNOWで人外を取るのは初めてだったので緊張しましたが陽気なBGMと舞う気泡が良い雰囲気を醸し出しているかと思われます。美味しそうですね。

有識者の皆さん何か間違ってたらご教授お願いします。

さてさっそく実食していきましょう……

「いただきます」

〜10年後〜

ごちそうさまでした。

「完⭐️食」

誠に美味しゅうございました。

お腹いっぱいです。

ーー 成人男性(22)の胃袋を完璧に掴んで離さない ーー

【復刻版】餃(ジャオ)

皆さんもこんなブログ見てないで食べてみて下さい。

販売場所はよくわかりません。
ボクは福岡住みで近くのスーパーで購入しました。



「探せ、この世のどこかの小売店に置いてきた」

なかったら、違う餃子を食べましょう。

ボクはお腹いっぱいになったので寝ます。

それでは!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です